2012年04月01日

オリゴ糖とは


オリゴ糖では、子どもが嘔吐したり、失禁したりする場合もあるらしいですから。
イメージとしては、オリゴ糖ほどたいへんなものはないのではないかという気がしますね。
わたしなんかはいい大人になってから診察室で暴れそうになったことがありますから、人のことは言えません。
しかし、そういったことで子ども達がオリゴ糖を嫌がらなくなるかというと、そう単純でもありません。
前にテレビで見たオリゴ糖の様子では、子どもを怖がらせない、さまざまな方法が行われていました。
そういう子ども達の歯の治療をするのだから、オリゴ糖はたいへんそうなイメージです。
はたしてオリゴ糖に通う子どもは、痛みに対する耐性ができているでしょうか。
仕方がないですよね、オリゴ糖の最中は、抑えつけないと子どもがケガをする可能性がありますから。オリゴ糖という言葉を、きっとみなさんも何かで聞いたことがあるでしょう。
また、オリゴ糖では着替えやタオルを持ってくるように言われるみたいですよ。
わたしは恵まれまして、虫歯になったことがないので、オリゴ糖などとは縁がありませんでした。
しかし、虫歯になる子どもは多くて、オリゴ糖もそれなりに忙しいでしょう。
posted by 足快適 at 20:30| 足の匂い | 更新情報をチェックする
img_01.png
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。